少女マンガのあらすじや感想といったレビュー記事を書いていくブログです

大人になっても少女マンガを読みたい

レビュー

ファンタジー感あふれる学園もの「木陰くんは魔女。」を読んだ感想

更新日:

Pocket

今回は、日本を舞台としながらファンタジー感満載の学園もの「木陰くんは魔女。」をレビューしたいと思います。

 

木陰くんは魔女。について

作者:小森羊仔

巻数:全3巻

 

簡単なあらすじ

この作品の主人公は、日本の古びた団地に住んでいる女子高生です。

 

団地の屋上には管理人室があり、そこには『自分は魔女だ』と主張する謎の少年、木陰くんが。さまざまな謎をはらんだファンタジー系の少女マンガです。

 

ファンタジー感あふれる小森羊仔の新境地!

この作品の特徴はなんといっても、ファンタジー的な驚きに満ちあふれているところです。と言いますと、少し大げさな言い方になってしまうかも知れませんが、本作の最初のころの、少しコミカルな女子高生日常系マンガというノリからは想像もつかないほどに、ちゃんとファンタジーになっているのです。

 

人によっては、ファンタジーというよりもメルヘンといった方が、ピンと来るかも知れません。

 

魔法的な要素もいろいろと出てきますし、絵的な面でファンタジーを感じさせる場面もいくつもあります。

 

小森羊仔の過去作には、リリカルな恋愛物である『シリウスと繭』や、ファンタジー系のお話かと思いきや、実は意外と現実寄りの話でもある『青い鱗と砂の街』などがありますが、本作はそれらとは一味違った独自の世界を構築しています。ある意味、小森羊仔の新境地と言っても過言ではないでしょう。

 

しかも、単に新たなことに挑戦したというのではなく、それらの新しい要素がきちんと作品に生かされているのですから、驚きです。

 

実は伏線が一杯!謎が解けていく驚きもあるストーリー!

一見、ただのありふれた日常系マンガかと思わせておいて、実はいろいろとさりげなく伏線がちりばめられているというのも、本作の特徴のひとつです。そういった面での工夫や技術の向上は、過去作と比べると顕著です。

 

そのため、作品を読み進むにつれて、次々と読者にとっての意外な事実が明らかになってくるという驚きがあります。もちろん、日常系マンガには日常系マンガの良さがあるのですが、本作は見かけとは裏腹に、意外とエンターテインメント系の作品であると言えるかと思います。

 

また、単にテクニックや構成面での向上が見られるというだけではなく、登場人物の想いの鮮烈さや、それぞれの思いが交錯する模様などが描かれている点も魅力のひとつです。そういった意味ではドラマチックな作品であると言うことができるかも知れません。

 

謎や伏線はその性格ゆえに最初は隠されており、そのため、一見、地味にも思えるのですが、しかし、読んでみると意外と面白い作品だなあという印象の作品です。

rakuten

おまけ

楽天で雑誌が読み放題のサービスが始まりました!月額380円で雑誌が読み放題!最初の1か月は無料でお試しできます。

 

楽天ということで、「楽天ポイントが溜まる」・「楽天スーパーポイントで支払える」という仕組みもあります。

なので、楽天ユーザーであれば無理なくポイントを貯めたり使ったりできます。

 

そして、PCでもスマホからでも利用できるのが嬉しいポイントです♪

 

1ヶ月無料なので、まずはどんな雑誌が読めるかこちらから確認してみてださい。

↓ ↓ ↓ ↓

【楽天マガジン】200誌以上の雑誌が読み放題!

 

をたこん

マンガ買取

マンガボックス

マンガMee

twitter

もしよかったらTwitterもフォローお願いします!m(__*)m

↓ ↓ ↓


おすすめ記事

1

少女マンガと一口にいっても色んなジャンルがあります。   そこで、この記事は色んなジャンルの少女マンガのランキング記事をまとめてみたので、参考になればと思います!   ランキングま ...

2

今回は大人が読んでキュンキュンできる少女マンガ10選を紹介します♡   王道ストーリーからちょっとドロドロした大人向けのマンガまで幅広く紹介していくのでぜひ見ていってくださいね。 &nbsp ...

-レビュー
-,

Copyright© 大人になっても少女マンガを読みたい , 2020 All Rights Reserved.